1907_年輪 NENRINロゴ.png

世界で唯一の男性用婚約指輪

モアサナイト 黒檀_FA11047_RB763-WKTモアサナイト-Pt950_

Men's Engagement ring

男性用 婚約指輪

【男性用婚約指輪 開発の背景】

多様な価値観や考え方の重要性が謳われる現代においても、婚約指輪の多くは女性のために作られ、販売されています。

しかし、これまでの男性から女性への贈り物としてだけでなく、女性から男性、男性から男性など、婚約指輪で愛を伝え合う関係は多様化しています。

 

そこで、1989年設立のイングは

日本の老舗ブライダルジュエリーブランドとして、

社名に込めた「常に進行形」実践の1つとして、

記念の木の指輪ブランドであるNENRINの新作として、

男性用婚約指輪を開発しました。

■男性用婚約指輪の特徴■

プラチナ等の貴金属をベースとし、自然木の黒檀を埋め込んでいます。

センターストーンには人工ブラック・モアサナイト(以下、モアサナイト)*を配し、斬新さの中にも、伝統的な婚約指輪のシンプルなスタイルも合わせ持つデザインです。

 

イングは『人の心に和みを、社会に潤いを、地球に恩返しを』を企業理念として掲げています。

この理念を形にしつつ、新しい時代の婚約指輪を生み出すため、モアサナイトを使用しました。

 

採掘に多くの環境破壊、児童労働、劣悪な労働環境等が問題視されることもある天然ダイヤモンドを用いず、SDGsの以下の目標を実践するためです。

12. つくる責任 つかう責任 15. 陸の豊かさも守ろう

 

男性と1口に言っても、華奢なデザインを好む方、しっかりボリューム感のあるタイプを希望される方様々ですので、お好きなリング幅とセンターストーンサイズをお選び頂くオーダーメイド対応とさせて頂きます。

黒檀という自然木を用いますが、耐久性が求められる結婚指輪のために長年培ってきたNENRINブランドの加工技術により、強度に優れた作りになっています。

自社工房で国家検定 一級貴金属装身具製作技能士職人らが手作りします。

 

世界は今大きく動いています。 その風を感じ、その風を楽しめるカップルに“愛の形”として着けて頂きたい婚約指輪です。

21-05_モアサナイト 黒檀 (1).jpg

*人工モアサナイト: ダイヤモンドを超える優れた輝きを持つ。

宝石のきらめきを表す「ファイア」において、ダイヤモンドの約2.5倍の値。

硬さ(モース硬度)は約9.5で、宝石の中ではダイヤモンドの10に次ぐ値であり、

ルビー、サファイヤ、エメラルド等を凌ぐ。

 

イングについて

30年以上にわたり、生涯を共にするふたりの想いを自社工房で形にしてきたイング(ING)は、

その名の通り、常に進行形で、独創的な世界観とアイテムで、

これからも変わりゆく時代の先導を切っていきたいと考えています。